cvr イメージ画像

 

先ず、「ブログ記事で収益が欲しい」ということは、ブログ記事でそれなりの集客数を確保する必要があります。何故なら、集客数によってアナタの収入の割合を決定づける「成約率(CVR)」の目安がほぼ,決まっているからです。 「成約率」(コンバージョン):Conversion Rateとはアナタが各ASPから選んだアフェリエイト商品ば報酬(インセンティブ契約)に至るまでの「約束事」の様な契約を指します。

つまり、「ブログ記事を書いて収入を得る」ということは集客数のCVRを効率化・最適化させる「コンバージョン率最適化(CRO:Conversion Rate Optimization)」というSEOCROの仕組や方法をアップさせることが最重要ということです。

もっと細かく云う

▶ブログ記事のタイトル(+KW)=集客
▶  SEO                               =集客
▶      CRO                               =収入


SEO一つの手段であるLP(Landing Page:前書)を最適化する手法をLPO(Landing Page Optimization)」といいます。
当ブログ記事の「ブログ初心者がブログ記事で収益が欲しいならCVRが上がることが最重要ですが、ブログ記事のSEOで最重要なのは、当ブログ記事の「googleのseo対策とは」に書かれている「E-A-T」と「YMYL」の姿勢を遵守することが非常に重要です。」の②ではランディングページや前書きを「リード文章」と書いて書いています。
その「リード文章」ランディングページ部分を最適化する手法を「LPO(Landing Page Optimization)」といいます。
ランディングページを見直せば、コンバージョンも獲得しやすくなるので、CVRの向上が図れます。

更にもっと細かく云うと

▶  SEOでは記事の文頭から始まるランディングページを最適化する手法です。つまり、LPO(Landing Page Optimization)です。
   LP(ランディングページ)とは、読者やユーザーが最初に着地(Landing)するページのことを指します。
▶  そのランディングページを見直せば、コンバージョンも獲得しやすくなるので、CVRの向上が図れます。 商品のPRページを2パターンほどツイッターなどの作成し、そのどちらが支持されるかを測定する「ABテスト」など、さまざまな施策を取り入れて、ユーザーに支持されるページづくりを心がけましょう。

cvr イメージ画像

 

初心者がブログ記事で副業を始めて収入があがらず、徒労に終わるケースは大変多いようですが、ブログを公開しても訪問者が少なく成果も無く、目的や目標を達成する割合も非常に低く諦めたり辞めてしまうケースが多いようです。アフェリエイトブログで最も大事なのがマネタイズの為の効果を上げる改善や施策です。

マネタイズで重要なのは導線の誘導や文章構成からの流入(導入)です。ASPの商材であるアナタが選んだアフェリエイト商品に興味を持って貰い、クリックやCVRを向上させる為には適切で具体的なセールスライティングやコピーライティングのスキルの重要ですが最終的にはアナタの経験や表現力が問題や課題を最適化してくれます。

但し、明確なことはWebの世界で一番、訪問者が「離脱率」に直結する作業や行為は入力フォームへの記載です。入力項目が多いとウンザリされますし、名前や住所の記載などは、ご法度です。比較的、容易なのはボタンを押すだけで無料で会員登録などが済んでしまうWebサイトなどです。

CVRの平均データでは、集客(訪問)数に対して全体の10%が申し込みや資料請求の効果が有るそうですが、記事の内容によっては5%程度だということです。・・・私も訪問先のサイトに記入欄が多い入力フォームを見ればサッサとサイトから離脱してしまいます。  

初心者がブログ記事で収益が欲しいならCVRが上がることが最重要です。

ブログ初心者がブログ記事で収益が欲しいならCVRが上がることが重要ですが、ブログ記事のSEOで最重要なのは、当ブログ記事にもある初心者が身に付けるべき11の基礎知識と「googleのseo対策とは」に書かれている「E-A-T」と「YMYL」の姿勢を遵守することが非常に重要です。

ブログ記事が上位表示させる仕組は当ブログ記事にもある初心者が身に付けるべき11の基礎知識と「E-A-T」と「YMYL」のスキルを身に付けてしまえば‥ある条件さえクリアすれば、さほど、難しいことではありません。しかしマネタイズのスキルを把握するのは、簡単でも容易でもありません。高い収益性を達成する為にはマネタイズを戦略として捉え、ある程度のブログ運営の経験と事前にASP商材のチョイスが重要です。