メンタル 弱い イメージ画像

私は一人っ子で随分あまやかされて両親や親類は無論、父に関係が有る人達や母に関係が有る人達からも可愛がられて、甘やかされて育った記憶があります。そのせいか幼い時から小学校の四年生の後半ぐらいまでは、随分と引っ込み思案な性格で、直ぐにイヤなことからは逃げたり、諦めるような子でした。丁度、小学校の四年生の後半ぐらいに札幌市から愛知県に父の仕事の関係で引っ越して来たのが切っ掛けで「強い自分」になったと思います。

「強い自分」になったと言うのは、転校生にありがちな、、イジメや、からかわれることから解放されたかったからです。また、私が居た札幌市の小学校では「集団の登下校」やヘルメットを被る規則などは無く、有無を言わさずに先生から強制されることえの反発心も有った記憶があります。くわえて、髪の毛の長さ規則への強い反発と、両親も小学校の校則への明らかな「不信感」的な違和感から出る疑問?的な負納得な姿勢が私に「力」を与えたのだと思います。

最後には小学校の教頭・校長や精神衛生の医師に私の「ロールハッシャーテスト」までさせた挙句、教育委員会まで巻き込んで「スッタモンダ」して父の経営する工務店が小学校の体育館の側面の壁を修理する事で、私のお咎め無しという「グレー」な決着で終わりました。このことで、私が学んだ人間の感情や行動は「時間の無駄」と「言葉の使い方」と「ダメな規則や状況もお金」で周りの人間の対応が簡単に変わるということです。

しかしながら、いまでも父と母の姿勢や「私への愛情」には感謝の念しかありませんが、「信念」や「気概」というストレスや不安に立ち向かう精神力メンタルの強さやネガティブな悩みごとに屈しない姿勢が明らかに希薄な現代人には只々、情けなさを感じます。

私は中学生から「自己啓発書」やそれ系の雑誌ばかり読み漁りましたが、どの書籍にも「それなり」のコトは書いてありますが、私が知っている悲惨さや惨めなさを埋めるような言葉はありませんでした。「前向き」な言葉や「ポジティブ」な思考は本人が「悔しさ」や「惨めさ」を体験・経験しない限りは、本人を動かし、続ける「力」は生まれないと感じます。

メンタルが弱い自分を克服する

メンタルとは日本語では同一語を「霊」と訳す場合もあるようですが、実際には「メンタル ヘルス」が正しい語句の使い方のようです。また、弱い「心」や「精神」は外部からの働き掛けやアドバイス程度の教訓では「心」や「精神」は多少・・「?!」とはするもの、強い働きかけにはならないようです。つまりは、自らの意志だけが自らを動かす(変えようとする)原動力なのでしょう。しかし、人間は弱く依存心の強い存在です。だからこそ、外部からの刺激に依存したり、帰属して「安心感」や「満足感」や「達成感」を一時的でも、得ることで「充足感」を味わっているのでしょう。

メンタル 弱い イメージ画像

 

自らの意志だけが自らを動かす原動力です。

当ブログ記事の「【簡単】誰でも失敗ナシでお金持ちになる方法がある。」というタイトル記事があります。そりゃ~‥誰でも貧乏よりはお金に恵まれて余計な苦労はしない方がイイし、単純に貧乏はイヤなのが当たり前です。只、いつの間にか人は、より多くお金が欲しいと思うものです。っま、それを「強欲」と呼び、果てしない欲望に支配される人間が多く存在するのが世間なのでしょう。 「普通でいる勇気とは」というブログ記事がありますが、内容は「足るを知る」ということについて、一石を投じています。「誰でも貧乏よりはお金に恵まれて余計な苦労はしない方がイイ」と考えますが、いつの間にか「もっと沢山・多く」と考えるようになるものです。

私は仕事でたくさんの富裕層と呼ばれる人達を相手に商品や企画案を販売してきました。そこで感じたことは「そんなに稼いで、どーする??」という一般的適な疑問です。私の相手にする人達は皆さんブラックカードを持ち、金融資産は億を超えている方達ばかりでした。・・ほとんどが冗談のような何処かの高級品ばかりを扱う雑誌の切り抜きシーンのようなシチュエーションでした。

私は、そんな経験から「誰で失敗ナシでお金持ちになる方法がある。」という記事が書けたワケですが、必ず、思い出される記憶は「やる事が多い・忙しい・どんな時も仕事に繋げる」という・・ある意味、「依存症」的な生き方が、富裕層と呼ばれる「お金持ち」の皆さんには共通していました。



誰で失敗ナシでお金持ちになる方法がある。

当ブログ記事の「というタイトル記事にも書きましたが、人間は3種類のカテゴリーに分かれています。

:労働者(サラリーマン・ウーマン含む)
:実業家(起業家)
:投資家

答えは誰もが口を揃えて「投資」が一番早く、確実にお金持ちになる方法だと云いますが、一般庶民である私達は投資のタネ銭を持つよ余裕さえありません。が、しか~し、「タネ銭」を創り出すことは可能なのです。其れが、副業と云う方法です。その副業の中でも、アフェリエイトが失敗したとしても実質的には金銭の損や借金を増やすということは無く、只々、「くさる」という「飽きる」に似た心境が働き、アフェリエイトブログを辞めてしまう人達がほとんどです。

ブログ記事に「ブログアフェリエイトで収入を得る為に初心者が身に付けるべき基礎知識。」というタイトルの11のスキルとプラスαが書いてある記事があるのですが、そこの個条書きされた各項目を実践すれば検索表示で上位になる可能性は高いですが、ある検索表示の指針を守らなければ、絶対に表示されないキーとなるポイントがあります。その部分を詳しく説明して、検索表示の指針のURLを記したページが「googleのseo対策とは」です。

また、未だ殆どの初心者さんや後発組の方々の場合はサイトやブログの運営歴も短く、ドメインパワーが無く検索表示に必要な「資格」が無いのが当たり前です。「ドメインパワー」のパワーランク相場チェックツール β版で自サイトやブログのドメインパワーがチェックできますし、改善に向けてのヒントも見つかるかもしれませんが、「パワーランク相場チェックツール β版」での自サイトやブログの評価は止めておくのが無難です。なにしろ評価される平均的サイトやブログの運営歴は8年以上が当たり前の世界ですから、初心者さんや後発組の方は傷つくだけです。

メンタル 弱い イメージ画像

 

しかしながら、私がアフェリエイトブログの運営をお勧めする理由は他にもあります。サイトやブログの運営年数が長くなると。それだけで評価がぐ~んと上がる場合がほとんどのサイトやブログで発生します。何故ならドメインは同じでもコンテンツを「noindex・nofollow」にしてグーグルのクローラー(検索ロボット)から低評価なコンテンツを排除しても何の問題も無いからです。ひたすらアナタは高評価されるコンテンツだけをネットに挙げていれば自然にアナタのサイトやブログは資産価値が出来、売買の可能になります。



書き続けることで勝組になれる

文頭には人間は3種類のカテゴリーに分かれています。と、書きましたが、アナタも投資家になれる可能性がが大きく拡がる機会がサイトやブログの運営を続ければ自然にチャンスが芽生える仕組であることを知って下さい。当記事に明記したようにサイトやブログの運営を続ければ、勝手にドメインパワーは付き、資産価値も付いてきます。只、そのようなチャンスが訪れる迄、待てない人が多く、それについての内容を記事にしたのが「ブログ初心者が検索されるまでの9項目の必須条件と+α」です。簡単に内容を説明したのが下部の文章です。

ブログ更新がウザイと感じる人達の多くの人は執筆時の作業効率が悪いようです。情報と知識を集めて、文章構成を考え、一日に一記事を投稿する行為は一連の作業がスムーズにできればいいのですが、逆に手間ヒマがかかってしまったり、作業に時間を取られてしまうなどで、ブログは「シンドイ」と思うようになり、継続できない人もいるようです。
解説しますと、ブログ記事は、まとめて数日分を一度に書くやり方をお薦めします。 全ての作業を一日で済ませるのではなく、数日毎に、作業を区切って行うことで比較的楽にブログが継続できます。
例えば、普段はネタ集めや文章の構成などを考え、週末に一週間分の記事を書いて投稿する方法です。
たとへば、【月曜と火曜はネタ集め(記事タイトルなどを大まかに決めておく)】、【水曜と木曜は文章の構成や見出しと文体の流れを考え】、 そして【金曜日から週末にかけて一気に記事を書き、投稿する】のです。
今は予約投稿といった機能がブログサービスやWordPressにはありますから、この機能を使って週末に書き上げたブログ記事を一日づつ、予約投稿をして行き、一週間分のブログ記事を毎日投稿しているように図ります。
一日でブログ記事を書き、投稿する作業をその日の内に済ませるというのは大変なことです。 が、記事をまとめて書くことで、効率良く簡単にブログの作成や更新ができるようになります。・・・どちらにせよ、記事は書くしかないので、自分に合った方法を見付けることです。

https://www.uncle-blog.com/?p=136