不労 所得 のイメージ画像

 

今回のテーマは”不労所得を得られる人のタイプ公開と方法とは”ですが、不労所得を得られる人は多くはいません。
当り前のことですが、不労所得が簡単に得られるようでは「ありがた味」がありません。
んなワケで、不労所得を得られる人のタイプというのは限られるようです。

人が働くという労働行為は2つのタイプに従事するようです。

・フロー型ビジネスタイプ
・ストック型ビジネスタイプ


★:フロー型ビジネスタイプとは

その場に展示している商品を販売したり、仕事を請け負うサービススタイル。

・飲食店
・コンビニエンスストア
・理美容室
・サービス請負型の企業
・家電量販店(店舗での営業・販売
・土木建築業・ガテン系労働



★:ストック型ビジネスとは

都度の販売活動が不要でも安定的な収益が見込める但し、収益が上がるまで時間がかかる場合が多い)
その為に事前の仕組みを整備する時間や労力を要し、十分な資金がなければ、損益分岐点を超えるまでに財力が持たない危険性がある。

・教室型  :スポーツジム・ヨガ教室・学習塾・英会話教室 等
・サービス型:弁護士・税理士などの士業の顧問契約 等
・ASP型   :定額課金型のアプリサービス等
・インフラ型:電話・プロバイダー 等
・定期購入型:機関紙・新聞・雑誌 ASP 等
・賃貸型      :アパート・マンション・オフィス等 


というわけで、働き方は大きく分けると ・フロー型ビジネスタイプ・ストック型ビジネスタイプ2通りのタイプが有るわけですが、生活に必要な収入を得る方法は年齢が若いうちはフロー型の労働が多いようです。
学生時代は、とりあえず、毎月の家賃やローン返済や生活費や食費などのお金が必要ですから、融通が利くアルバイトやパートタイムなどのフロー型ビジネスが主流になります。
就職をしてサラリーマンになるとストック型のビジネスが主流になり、本業とは別に、配当金や不動産などから生まれる賃料や契約金が継続して生まれる複数の副業を始めたり不動産投資やFXなどのビジネス投資をして所得や資産のリスク分散や安定収益を図る行動を取る人がちらほら出て来ます。
リスク管理が目的の場合、個人の会社員や投資初心者は経験の豊富な投資の管理会社や知識や経験のある業者に管理を依頼しますが、自身に代わりリスク管理を委託した業者への毎月の運用経費に負担やデメリットを感じるようになります。

不労 所得 のイメージ画像

不労所得を得られる人のタイプ公開と方法とは



私も60歳を超えている年齢なので、多少は何処かの「社長さん」や「会長さん」と呼ばれる人物は知っている。いわゆる働(労働)かなくても生活できる人達である。しかし、バリバリの社長さんや会長さんになった人達は「遊び」が無く仕事というか自分の責任に関わることには手抜き無く事を進め、確認を怠らなかったと私は記憶している。しかしながら、半端な社長さんは何処か甘い所が有る。

そもそも、私は昭和うまれの昭和育ちの「昭和イズム」バリバリの世代なので、Y世代やミレニアル世代やZ世代とは生きて来た環境や関わってきた人達のバックボーンも違うワケなので、物事に対する考え方も違う。…だから私の知っている「不労所得者」になった人達の不労所得者への工程も特に「Z世代」と呼ばれる人達には受け入れられないかもしれない。…様な気がする。

昭和世代とは「物」が無いから有る「便利」になった時代を実際に経験した「発展・発達・途上」を実体験した世代なのです。なので、夢や希望という「歯の浮く」ような目標を持ち易く、現実に叶えられ、手が届くことを経験している世代でもあるのす。特に「Z世代」と呼ばれるネットアプリやスマホなどをネイティブに扱う人達が多くいる割に、テクノロジーが発達して手が届きにくくなったり、色々な仕組が複雑に絡み合って「面倒くさい」時代の今よりは、昭和世代とは自由の幅が広かった時代です。

そんな時代だからこそ、私の様な取り柄の無い人間も「目指したモノ」を諦めずに、プログラムの仕組みが仕込まれているコードの開発を続け、現在のように多少はPC言語が判るオジサンに成れたのだと思います。その証が「シニア世代と呼ばれる老後にお金を家で作る方法」に明記したプログラムコードです。

また、個人的には「不労所得者」に成る様な人は「負けず嫌い」な人が多く、「諦めない」性格のようですが、「運」という因子にも大きく左右されるようです。つまりは、計画や勉強や可能性ではどうにもならないエレメントが多いようです。

欲張りは損をする

不労 所得 のイメージ画像

 

お金や収入は多い方がイイに決まっています。お金を沢山、使えるということは「苦労する」最大の要因を消すことができるので、お金や収入は多い方がイイに決まっています。商品の金額や毎月の不動産ローンの返済を気にすることなく安心して将来を夢見れる生活は一般人の憧れです。

憧れと言えばマンションや一戸建てを所有するために金融機関から長期的住宅ローンを組んで、大きな利息込みの価格を分割返済するのは馬鹿げています。と書く私自身も一戸建て住宅やマンションを持っていますが、私が保有している物件は今では投資目的で所有しているだけで、今は他人様が住んでて、私は賃貸のマンション暮らしで愛妻と愛猫とのリタイア老後暮らしというところです。

賃貸の建物ということもあり、具体的に私が把握してる生活費は20万円ていどという具合で、大した贅沢も無く質素に暮らしていますが、老後というか・・ジジイとババアと猫だけの暮らしなので残りの人生に必要なお金は医療費と食費ぐらいなものです。読者さんの参考になるとは思いませんが、モノが欲しいとは流行とか遊興にお金が掛かるのは50歳半ばまででした。その後は医療費と食費ぐらいなものです。ですから掛け捨て保険ではなく定期的にお金がはいるような医療保険に入っておくと人生の安心度が違います。また、私は人生の後半ではFerrariの458やビンテージの1981 Ferrari 400iセダンタイプの車を所有していました。400iは、どーしても欲しくて日本中、探しまくって、個人オーナー様から買いましたが、粗、修理の為に数回ほどしか乗れません出した・・・今は病気のためタマに友人の軽自動を転がして大満足しています。

という経験から未だ若い方々に云えることは…お金を沢山、稼いでお金持ちになるなら、桁外れの富豪クラスにならなければ、結構忙しく働くというより、気を遣うことばかり多く、あまり・・安らぐ時間が持てないし、遊びに走った所で、「ぼったくられる」(オネーちゃん・・に)のが関の山です。本当に人生の終盤になって判ることですが、「足るを知る」ことが「幸せ」への近道です。ちなみに「普通でいる勇気とは」という記事に「足るを知る」内容が説明されています。

「【簡単】誰でも失敗ナシでお金持ちになる方法がある。」という記事が当ブログにありますが、給与とは別にお金が入ることで、多少は金銭的余裕が持てるようになるには昔からある商売の基本を現代的に変化させた、必要な要素をかいてあります。但し、本法に必要な要素は「ブログアフェリエイトで収入を得る為に初心者が身に付けるべき基礎知識。」の11項目+αです。

ブログアフェリエイトで収入を得る為に初心者が身に付けるべき基礎知識。の11項目+αとE-A-TYLYMはブログアフェリエイトが成功する必須条件ですが、加えてCVRの概念も必要です。しかしながら、これだけでは「富裕層」にはなれません。「富裕層」というお金持ちの中のお金持ちである「富裕層」の人達は間違いなく投資というお金が働く仕組みを保有、実践して、寝ている間もお金をかせいでいます。

つまりは、ブログアフェリエイトで稼いだお金を投資の種銭にして安全な投資を繰り返してください。多少は金利が下がりますが、投資で得たお金を繰り返し投資に回せば、突然‥投資金は爆発的の増え出します。何故ならこの方法は複利も含むからです。…昔から言うようにコツコツと事を熟すことが「成功・勝組」への近道なのです。