幸福 感 を 感じる

 

「幸せだなぁ~」と感じる為には個人差や条件があますが、幸福を欲しいのなら貧乏(お金がない)生活から抜け出さなくてはいけません。私の場合はドラマのように裕福な生活から貧乏へと転がりました。親が貧乏だと子供は、どーしたって貧乏な生活からは抜け出すことはできません。

つまり、親の貧乏は子供に伝染し、それを回避する為には、子供は、お金を稼げる年齢に成るまでは「ひたすら我慢」し、耐えて暮らすだけです。お金を稼げる年齢に成ったら努力と知恵と根性という浪花節的な生活を送り、貧乏から抜け出してしまえばいいだけです。 

但し、貧乏から抜け出すには、センスや生まれ持った「運」や知恵が必要です。只、闇雲に努力して良い大学を出て就職しても「幸せだなぁ~」と感じる生活を得る為には財力が最も必要ですが、財力とはセンスや知識だけでは得れるモノは小さいです。やはり・・世間一般で知られている方法が最良の方法のようです。生まれ持った才能や知識や容姿や「運」を省いて、庶民が「幸せだなぁ~」と感じられる心や感情は「ある程度の財力」と昔から伝えられている自分自身の思考という方法です。

幸せ感(幸福)を感じる脳を持てるようになるには条件がある

幸福 感 を 感じる

http://www.irashadiary.com/2009/10/26/20091026/より転載

人や自分が「幸せだなぁ~」感を感じるには不安や心配というネガティブな気持ちを持たない暮らしが送れる環境がなくてはいけません。昔からある諺で、「金持ち喧嘩せず」とは「金持ちは利にさとく、けんかをすれば損をするので、人と争うことはしない。 または、有利な立場にある者は、その立場を失わないために、人とは争わないようにする」【大辞泉】より。

ですが、お金が有る人間の場合は、お金で争いごとを解決をしたり裁判に訴えるという形で争いを収めることが多く、札束で横っ面を叩く的な想像も難くありません。というのもあると思います。

職業や学歴に関係なく・・お金を得る方法

お金持ちに成るのは上部にも記載した通り世間一般で知られている方法が最良の方法のようです。が、その為には種銭という無くなっても生活を送ることにあまり差障りの無いお金が必要です。 ぶっちゃけ、最低限必要な金額は20万円以上であり、多ければおおい程いいですが、一般庶民や学生さんには、「かなりキツイ」 額だと思います。しかし、「意外に知らないブログ初心者が知るべきスキル11選とは」のネット副業でブログ初心者が検索上位になる為の条件11選の方法を実践すれば、早い人であれば一月少々で、お金持ちに成る種銭の20万円くらいは出来てしまいます。

幸せ

 

但し、この「意外に知らないブログ初心者が知るべきスキル11選とは」のネット副業でブログ初心者が検索上位になる為の条件11選の方法を実践すれば、マネタイズ用の商材選びを間違わなければ意外に大きな金額が入る可能性もあるので、各ASPの商材選びとCVRには十分に気を使うと投資など必要ない暮らしも可能です。

但し、遊んで暮らす身分というのは若い世代の人達は憧れますが、精々2年も味わえば、余りにも自由気ままな暮らしは飽きてしまいます。人間という生き物は「人から求められて」こそ喜びを得ることができる面倒くさい生き物のようです。

幸せ

 

普通でいる勇気とは

普通でいるとは、「足るを知る」ということです。
私的には、あまり目立たずに楽に生活できて、心配事が無い「暮らし」を手に入れることです。 
私はブログ記事を書くためにアルフレッド・アドラー(Alfred Adler)の「幸せになる勇気」を読んでみました。
内容は現代人に向けて、「普通であることを受け入れる」勇気を持つことを提唱しています。
私は52歳の春先に前触れも無く、脳幹梗塞になり、社会と会社からリタイアしました。
原因は「イケイケ・ドンドン」な性格で「勝組」や「成功者」を目指し、毎日…寝る間も惜しんで働たからだと思います。
そこまで働いた理由は「成功者」にならなければ生きている価値など無いと思っていたからです。

ある日の13時過ぎぐらいに自宅マンションの書斎でパソコンで仕事の合間に「Gyo」を鑑賞している時!
突然、頭の中で「ザー」という音が聞こえた途端、身体がスローモーションで倒れて行き、デスク下の膝から崩れ込んだ記憶があります。
意識はあったので、妻んいスマホで電話を掛け「救急車」を頼んだですが、私の状態を信じてくれず・・「妻が帰るまで横になってて」と云う返事でした。」
「バカヤロー!!!!!!!!」と心の中で叫びましたが、「私の番が来たかぁ~」と諦め、和室を目指して、ほふく前進的に這いつくばって動きました。
18時半頃に妻は帰って来て、やっと「事の次第」を理解して赤十字病院に救急車で運ばれましたが、時間切れのアウトで、そのまま検査入院だ1週間ほど病院暮らしを経験しました。
結果は「脳幹梗塞」で患部が手術できない場所だそうで、殆ど奇跡的に生きていると云われましたが、直ぐの👅に異常を感じて検査をうけると、これま奇跡的に梗塞を起こした場所が5ミリづれていたら「人生終了」でした。

てな具合でラッキーというか悪運が強いというか「死にぞこない」ですので、今も生きています。
そして、未だパソコン言語や書籍は理解できるので、現在のようなコロナ渦の暮らし方は私には適しているのかの知れません。
また、会社をやっていたお蔭で、日々の暮らしには余り困らず、普通に暮らすことが出来ます。
但し、普通じゃない経験したおかげで、すっかり人生観も変わりました。
「足るを知る」というコトワザは老子の「足るを知る者は富む」が由来です。
以下の漢文は「足るを知る」の由来とされている漢文です。

知人者智、自知者明。

勝人者有力、自勝者強。

知足者富、強行者有志。

不失其所者久。

死而不亡者壽。

意味は「足るを知る」という言葉通り、欲張らずに今の生活の中に満足を見出せば、今の自分自身に満足出来る・・と解釈するのが一般的だそうです。
組織や会社的に考えると・・「今季の売上(利益)は当社の規模を考慮すると十分に満足が出来る。」・・と解釈するのが一般的だそうです。
脳幹梗塞は突然やって来て、私の人生を一変させ、…おかげで今の私は但のプ~太郎になりましたが「足るを知る」や「不幸中の幸い」を知ることで、これまでの自分の価値観も変わり、欲望や見栄からも解放されました。
それまでは、自分の親しい友人や隣人が高価で希少なモノを所有すれば、やはり…私も所有欲が刺激され、同じようなモノが欲しくなるのが「リタイア」するまでの生活でした。

当ブログ記事に「収入を探すおじさんのブログは副業おじさんのブログになりました。」この記事は読んで字のごとく、以前に公開していた時の順位と訪問者数を引き継ぐ為のタイトルで、私が確信した検索SEOのスキルを試す為のブログ記事の公開です、そして・・その成果を検証するためのブログ記事タイトルです。

只、この記事の中には「マズローの5段階欲求説」という人間の自分への「承認欲求」を5段階の図で表した画像があります。

「足るを知る」精神の段階とは「マズローの5段階欲求説」の尊厳欲求と社会的欲求である心の欲求(自我)の部分であり、平たく言えば気持ちの持ち方なのだ。また、「普通でいる勇気とは」の【普通】の会社的な定義は一般的に「普通」とはありふれている・珍しくない・みんなと同じと解釈されています。
しかし、何処にでもいる…大多数ということではなく、直ぐにでも、みんなと同じになれる(変えられる)人ということです。・・が本当らしい。ですので、殆どは「自分がない」ことを意味し、解釈されている。・・ようです。

中産階級など一般的な中小企業のサラリーマンの平均年収は、300~400万円程度だそうです。随分と大企業とは大きな差があります。つまり、一般的な中小企業のサラリーマンの月収は30~40万円前後だと考えるのが妥当で、ボーナスは40万円前後ですが、今時の一般的な中産階級の家庭の暮らし方で主婦が働きに出ないなどとは考えづらく、一般的には税負担が免除される程度の労働による収入が月に10万円程度は上乗せされているハズです。

つまりは、中産階級などの中小企業のサラリーマン家庭の平均年収は、350~500万円が一般的だと考えた方が的を得ている気がします。自動車を所有し、一戸建て住宅に住み、子供が2人いる、一般的な中産階級の家庭の構成を支えるためにガンバル父や母は‥活字でその構成を書けば、十分しあわせな生活を支える為に、日々の辛い出来事も乗り越えて暮らして行けるもでしょう。

青天の霹靂を1度ならず、2度もくらい、相方が助からない病に掛かったり、自分が100メートルも歩けず、自分のカラダすら支えられない状態を経験し、味わえば、健康で、その日その日を頑張れることが、どれ程「しあわせ」で、ありがたい事か思い知るのが普通で、健康で不自由なことを経験しなければ…先ず、理解できない考え方が「足るを知る」や「不幸中の幸い」です。

お金持ちに成るのは簡単だが条件がある

幸せ感(幸福)を感じる脳を持てるようになるには条件があるとは‥闇雲に頑張ったり、努力しても意味な無く、ある条件を満たしてしまえば、多少は凡人でもトップブロガーとして君臨できるということです。

「意外に知らないブログ初心者が知るべきスキル11選とは」のブログ記事に書かれている各項目と「E–A–T」とYMYLのブログ記事の姿勢を実践すれば、50%の確率でグーグルの検索上位に表示される可能性は高いですが、条件である「ドメインパワー」が無くてはGoogleの検索上位に表示される可能性はりません。

但し、「ドメインパワー」の有無はパワーランクチェックツールというサイトでチェックが可能ですが、今はサイトが無くなりましたが、やたらと小難しい専門用語でチンプンカンプンに書かれているためにウンザリしました!。要はサイトやブログの運営歴が長く、読者やユーザーの役に立つ情報を多く公開していることが「高評価」に繋がり「ドメインパワー」も高くなります。

、、