退職

 

病気が理由で会社と仕事を退職しました。傷病手当金の条件や資格にもの凄く合っていたので、給付に必要な手続きや被保険者の申請を行い、傷病手当金を受給しています。 つまり、私は正真正銘の障がい者です。 離職してからほぼ、10年という期間が過ぎ、妻の乳がんや肺がん治療など色々経験しましたが、未だに人生を楽しんでいます。 ジジイですので毎日、朝の5時に起きて愛猫の世話やPC周りの掃除から1日が始まります。

傷病手当金や金銭以外の支援が障がい者制度で行われています

障がい者には傷病手当金や諸々ある金銭以外の給付スタイルや手当てがあります。何故なら、人間は人間として生きる権利があり日本国はその権利を認めているからです。しかし、この法律は制定されたのはかなり以前というか・・昔のことなので、色々な会社の制度や人が仕事を行う方法などは、考え方が昔のままで、現在や未来の健康保険制度や傷病手当金制度などのカタチを考えることは困難だったと思います。今や「未来」が始まって、としよりが考える政治の政策は後手々であり、かなり、的を得ず、時代おくれの様な気がします。

病気で仕事を退職しましたが未だに人生を楽しんでいます。

プロフィールに書いた通り私は「脳幹梗塞」を2度患い苦しいリハビリの末に・・知らない人から見れば何ら変わり無い只のガタイにイイおじさんですが、未だに言語障害と体幹異常という症状が残るマジな障がい者です。不幸中の幸いにも大脳の殆どは損傷を免れ、小難しい書籍やPC言語を使うこともできます。更にはこの様にパソコンでブログ記事の更新を行うことも可能です

しかしながら、コロナ渦による収入の激減や働けなくなった人や手足の不自由な人が健常者と変わりなく働けるシステムが作れるIT技術の活用が忘れ去られているのは、エンジニアやSEや開発者をまとめるデレクターの不甲斐なさにはガッカリさせられます。

っま、IT系の職業人は忙しいし、勉強もしなくちゃいけないし、クライアントは無理・難題なことばかり言ってくる割に制作費にはシビアでケチでセッカチな人間ばかりだし。(当時の時は・・・)

当ブログ記事に「副業ブログの更新をやめる」という記事の中にGoogleアプリの音声入力を紹介している文章があるます。また、「ブログの執筆はモバイル機能の音声入力を使って時間短縮しよう。」という記事があり、Googleアプリの音声入力機能とスマホの補助機能の音声入力機能の使い勝手の良さを比べてみると私がWindows95のOSから考えると夢のような使い勝手の良さとなめらかな漢字変換でスマホの補助機能の音声入力機能の使い勝手の良さに軍配が上がりました。

「スマホの補助機能の音声入力機能の使い勝手の良さに軍配が上がりました。」という機能を改良し、使い勝手を良くして、手や指先の不自由な人達でも効率的にパソコン入力業務が行え、その為のシステムの開発だって政府や厚生労働省辺りからの資金援助を取れば、政府主導で新しい市場が開発が早く出来て、そのシステムや機材を丸ごとパッケージにして、東南アジア諸国やアフリカ諸国の発展途上国にODAOfficial Development Assistance)として出せば、今後の日本国としての立場が上昇したり、色々な国際折衝にも有利に働く・・ぐらいのことを考えれる人材が出てくればイイなと感じるのは私だけ?。

雇用保険や健康保険や傷病手当金が付いていることは仕事を選ぶ理由で外せない要因です。

退職 病気

 

雇用保険や健康保険や傷病手当金が付いていることは仕事を選ぶ理由で外せない要因です。と書きましたが、退職後のシニアや何らかの理由で保険や手当金など当てにならない人達もいるのが世間一般の社会です。現金でしか世間を渡れない人達やまだ若くて、その能力が無い人達もいます。そんな人達のために「幸せ感(幸福)を感じる脳を持てるようになるには条件がある」という記事の中の「意外に知らないブログ初心者が知るべきスキル11選とは」という記事の11項目の個条書きされてるスキルを実践すれば、以外に早くお金が手に入る可能性は高いです。

但し、初心者が知るべきスキル11選の個条書きされてるスキルを実践しても「ドメインパワー」が低ければ、検索の上位表示は無理です。アフェリエイトというお金を稼ぎ出す方法に魔法のような手法はありません。一般に云われているように時間や慣れが必要です。最もアフェリエイトのような仕組みの錬金術ではGoogleの検索品質のガイドラインに書かれているE–A–TYMYLは絶対、守らなければならない約束事です。

但し、初心者が知るべきスキル11選の個条書きされてるスキルを実践しても「ドメインパワー」が低ければ、検索の上位表示は無理です。アフェリエイトというお金を稼ぎ出す方法に魔法のような手法はありません。一般に云われているように時間や慣れが必要です。最もアフェリエイトのような仕組みの錬金術ではGoogleの検索品質のガイドラインに書かれているE–A–TYMYLは絶対、守らなければならない約束事です。「googleのseo対策とは」という記事には詳しく説明がされていますので、内容を知りたい方は詳しく調べて下さい。

下のリンクカードはグーグルの検索品質評価ガイドライン (PDF日本語版)です。

病気で仕事を退職して、色々な手当や失業給付金などは病気が理由だとしても自己都合退職なので、失業給付金は遅かったのは記憶にありますが病気の治療というかリハビリは1年以上続き、基本つらく、意思だけで期間やメニューを乗り越えたカンジです。私もリハビリ期間が終わった直後は就職をして社会復帰を考えましたが、私の担当医の説明によると「脳梗塞」や「癌」などになる外的最大の要因はストレスにさらされる生活を送ることだそうです。そんな記憶が頭をモタゲて、転職することを止めました。考えれば。妻の「乳がん」や「肺がん」を発症した最大の要因は「ストレス」を感じやすい思考と性格だと妻自身も言っていました。


ですので、私達夫婦は原則、我慢しないで、言いたいことは言う生活です。・・夫婦が、我慢しないで、言いたいことは言う生活を継続なんて夫婦喧嘩の原因を毎日欠かさず作るようなモノですし、逆にストレスが生まれること請け合いの生活です。トラブルの基です。


ですから、普通に日々を送っているご夫婦にはオススメできませんので、何か違う方法で「ストレス」を解消する方法を見つけて下さい。これからは人生100年時代という、ある意味で恐ろしく長い老後が待っている時代の転換期を迎えている私達です。未だ若い世代の方々も必ず年老いて老人なるワケですので、早い段階で老後に備えれば、多少はラクかもしれません。本当に親・兄弟・姉妹は無論、会社や友人もアナタの老後の面倒をみてくれる余裕などは無いと思った方がよいと思いますから、「備え有れば憂い無し」です。


会社の仕事を理由に、そこで働く人は色々な言い訳で同僚や家族に対して、その場をしのぎますが、人生や病気には通用しないものです。人生や病気で頼りになるのは自分の意志と自分が持っているお金や同等の資産だけです。ハッキリ、言って30歳代までの世代の人達なら、これからの時代の転換期に備えられるでしょう。